VOLVO V40 クロスカントリー

2007年3月に納車されたスバルアウトバックも、8年めになり、走行距離も13万キロを越えました。
ノーマルタイヤもつるつるだし、マフラーにも穴が空いて異音がしてきたので、
次の車検は高いだろうなと思いつつ、見積もりを出してもらってびっくり。
30万オーバーでした。

お世話になったアウトバック


ちなみに下取りに出したらいくらかなと思ったら3万と言われたので、
3万円の車に30万円をかけるのは、得策じゃないような気がして、車の買い替えを

考えることにしました。

当然、最初に候補にあがるのは、スバルなんですが、レガシィがセダンだけになり、
アウトバックは一回り大きくなって、その分、お値段も上がってしまいました。
かといって、レヴォーグは小ぶりな割に高いし、インプレッサ、フォレスターは人とかぶる。
ここはやはり、高いけどアウトバックなんだろうなーと思って見積もりをもらい、
実車を見て、質感も上がってるし気に入ったんだけど、オプションやタイヤを考えると
、 いい値段になるし、ローン金利も高いので、ちょっと保留して他も見ることにしました。

最近はマラソン遠征も多いので、燃費がいいクルマも見てみるかなと思い、
そうなるとハイブリッドかディーゼルなので、CX-5とかエクストレイルを見てみようかなと、
20年ぶりくらいに自分の車を探しに他社ディーラーを回りました。

マツダCX-5は質感も良く、値段はアウトバックと大きく変わらないものの、
燃費がリッター20キロ程度なので、維持費は安くなるなーと思いつつ、
帰り際にふと隣を見ると、VOLVOがあったので、
「やっぱり外車は高いねー」と言うために、ふらっと入ってみました。

入った瞬間から高級感があり、車の作りもえらく違うなと思いましたが、
一番違ったのが、最初からほぼフル装備、というかオプションをつける余地がないので、
値段が思ったよりは安いことでした。
自動車取得税が減税だったりしたので、なんだかんだで総支払額が、アウトバックとほぼ同額。
キャンペーンでローン金利が安く、スタッドレスタイヤも純正ホイールつきで格安。
欠点は車が一回り小さくなることと、4駆じゃなくなることですが、
そこは燃費向上の メリットのほうが大きいかなと思いました。

そこから一週間、けっこう悩みましたが、まあ一生に一度くらい外車に乗るのもいいかと
思い、スバルさんには申し訳ないけど、決めてしまいました。

最初に見に行ったのが9月27日で、決めたのが10月4日でしたが、納車は11月5日でした。
「今ならこの色が全国で2台。そのうち1台を抑えたんで、今日決めて下さい。」って
言われたから、早いのは当たり前かもしれませんが、買ったら早く乗りたいので、
それはそれで良かったです。

車両入替


何年も乗って、いろんな場所に行ったアウトバックに愛着はあるけど、
納車前にルーフボックスを降ろし、スタッドレスを人に譲りました。


納車当日、VOLVOで車を受け取って、その足で防府天満宮でお祓いしてもらいました。
その往復で、リモコンキーがうまく動作しないことに気が付き、そのままディーラーに戻り、
確認に時間がかかるということで、いきなり代車を貸してもらいました。
結局、リモコン受光部の接触不良ということで、夕方には車を持って帰ることが出来ましたが、
最初からこういうことが起こるのは、外車だからかな?

V40クロカン。ヨーゼフ


11月7日、8日と早速、岡山マラソンのために車で移動しました。
オートクルーズ機能は、高速だと楽に運転できるけど、思わぬところで加速を始めるので、
よく考えて使う必要があるかな。
両サイド後方からの車に対し、赤く反応する機能は便利と思いました。
そして、燃費ですが、ほんとにリッター20キロオーバー。山口岡山の往復で、
半分ちょいしか燃料が無くなりませんでした。これは嬉しい!
エコ・ドライブ状態にしていると、ターボの割に加速はそうでもないけど、

車が重く感じることも無いので、長距離ドライブも楽しめそうです。

今回の車はスウェーデンから来たということで、ヨーゼフと命名。

これからしばらくよろしく!

ヨーゼフつながり


— posted by mitch3000 at 10:56 pm  

この記事に対するコメントは締め切られています

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0136 sec.